禁煙したいならこの禁煙補助剤が必要

たばこは健康被害を引き起こす原因となりますので、禁煙をすることが推奨されています。
従来まででは禁煙を行うときには、ニコチンガムやニコチンパッチを使用して行うことが多かったですが、現在では禁煙補助剤のバレニクリンを服用する治療法があります。
バレニクリンは保険適用となっており、禁煙外来などを受診することで医師に処方してもらうことができます。
ニコチンを補充する従来までの禁煙治療とはことなり、バレニクリンを服用することでたばこを少しずつ減らしていくことが可能です。
タバコを吸うとニコチンが脳の受容体と結合することによって、ドーパミンが放出されて満足感を得ます。
この作用によってたばこを吸うことが止められなくなるわけですが、バレニクリンの有効成分はニコチン受容体と結合する特徴があって、ニコチンの半分ほどのドーパミンを放出させます。
これによって、禁煙補助剤であるバレニクリンを服用することで、たばこを吸っていない状態であっても満足感を得ることが可能になるために、たばこを吸っていなくても離脱症状や切望感を軽減させることができます。
バレニクリンを服用しているときに喫煙を行っても、ニコチンが受容体と結合することを阻害する作用がありますので、たばこを吸っても満足感が得られなくなって禁煙効果をもたらします。
ニコチンガムやニコチンパッチは一般的なドラッグストアなどで市販されているものとなりますが、バレニクリンは市販されている医薬品ではありません。
バレニクリンを処方してもらうためには、専門的な治療を受けることができる医療機関に行って診療を受ける必要があります。
バレニクリンは医薬品となるために、一定の副作用も報告されています。
一般的な副作用としては頭痛や不眠、吐き気などの症状が現れると考えられていますが、アメリカではうつ状態に陥ることや自殺願望を発症するという報告もあります。
禁煙補助薬を服用して治療を行うときには、しっかりと医師の指示のもとで服用することがおすすめとなります。

↓バレニクリンは通販でも購入可能です
チャンピックス(バレニクリン)通販
↓ジェネリック医薬品の為、経済的に禁煙が出来ます
ニコテックス