新宿区では条例を定めるなど禁煙の意義の啓発

東京はオリンピックを開催することもあって、たばこを無くす取り組みに力が入れられています。
新宿区では区内において全域の路上喫煙を禁止する条例が施行されており、禁煙を推進しています。
新宿区では公園や広場をはじめとする、喫煙をすることや他人に受動喫煙をさせることがないように努力する必要があります。
新宿区の事業者には、従業員が路上喫煙をしないように研修を行うことや、適切な方法によって禁煙の意義を啓発することが求められています。
喫煙することによって、喫煙者本人が健康被害を受けるだけではなく、周囲でたばこの煙を吸ってしまう人も健康を害する可能性がありますので、禁煙を推進する意義は深いものとなります。
自主的に喫煙マナーを向上させるための、たばこを止めることの意義を啓発する取り組みを行っており、街として禁煙化を推奨しています。
現在の日本において、従来までの喫煙は習慣的なものであるという認識から、治療が必要なニコチン依存症であるという認識に変わったために、医療機関で治療を受けることが可能です。
認められている医療機関であれば、健康保険の適用を受けることが可能で、禁煙外来では専門知識を持っている医者や看護師が配備されています。
医療機関で受けられる治療には、ニコチンが含まれているガムやパッチを使用したニコチン置換療法や、ニコチンが含まれていない禁煙補助剤のチャンピックスを使用する方法などがあります。
チャンピックスは経口補助剤となっており、12週間の期間にわたって継続的に服用することで禁煙効果を高めることができます。
チャンピックスは薬局などで購入することができない医薬品となりますので、禁煙外来を受診して医師の指導の下で服用する必要があります。