禁酒や禁煙を行い生活改善することで防げる病

禁酒や禁煙、食生活の見直しを行い生活改善することで防げる多くの病気が有ります。
禁煙を開始することは体に対してメリットが多く、慢性閉塞性肺疾患や肺がん、脳卒中や心筋梗塞、各部位に発生する可能性のあるがんリスクを大幅に低下させることができます。
禁煙することによって本人だけでは無く周辺にいる家族の健康も守ることができます。
生活習慣病は生活改善することで防ぐことができます。
喫煙の弊害としては、男性型脱毛症や女性型脱毛症を誘発してしまうことがあり、育毛や発毛ができなくなってしまうAGAを進行させてしまいます。
抜け毛や薄毛が気になっている方は、禁煙することで症状の改善を行えるケースがあります。
アルコールが好きな人の場合、毎日お酒を飲み続けると肝臓や腎臓、膵臓に負担をかけ続けてしまいます。
肝臓や膵臓には痛みを感じる神経は無いため、症状がよほど進行しなければ自覚症状が現れません。
過度のアルコールは内臓脂肪が蓄積する原因となり、そのまま放置しておくと高脂血症や血栓症、糖尿病やアルコール性肝炎を引き起こすことがあります。
禁酒を行う事によって肝機能を改善し、肝臓を休ませてあげる事が重要です。
飲酒や喫煙はアルコール中毒やニコチン中毒を引き起こすため、禁酒と喫煙を始めたばかりのころは大変ですが、二週間ほどで依存状態からも解放される事ができ生活改善を行うことができます。
生活習慣病を予防することに繋がり、生命に関わる重篤な病気の発生リスクを下げる事ができます。
お酒は適度な量はリラックス効果や血管拡張効果があり健康に良いとされていますが、タバコは百害あって一利なしと言われています。
毒性が強いので健康の為にも禁煙することが大切です。