NPO法人日本学会が薦めるニコチン制御と禁煙

禁煙は自分だけでできると考えがちですが、中毒の中身が分からずに精神論でタバコをただやめればいいと考えている方の場合はほぼ失敗していしまうというデータがあります。禁煙の方法はいくつもありますが、可能性が高い方法としては体内にニコチンを入れる量を少なくしていく方法がもっとも良い方法とNPO法人日本学会でも言われています。NPO法人日本学会ではニコチンの体への影響や禁煙の重要性について啓蒙活動を行っていますが、禁煙のやり方などについてもNPO法人日本学会では禁煙外来の重要性について特に指摘しています。禁煙外来は設置する病院が増えており、多くの方を禁煙に導いてきています。しかし、病院に行くことを毛嫌って居る方も多いので正しい知識を持ち、禁煙を出来る限り早くすることが求められています。外来では主に投薬とカウンセリングが行なわれています。ニコチンの摂取をいきなり止められるのではないか、タバコを吸えば怒られるのではないか、など、さまざまな誤解があるようですが、基本的な対応は投薬であり、急激な変化をもたらすことはありません。ニコチンは体内に入ると脳内物質の代わりに受容体に繋がります。そのため、ニコチンが切れると中毒症状が起こる方が多いのです。投薬ではニコチンの代わりに受容体に繋がることでニコチンが無くても中毒症状が現れにくくします。また、ニコチンが体内に入ることで気分が悪くなったり、美味しさを感じないことで自然と止められるようになると言われています。投薬は長期にわたって行なわれますが、途中でタバコをやめてしまう方も少なくなく、完全終了までに治療自体を止める場合も多いようですが、適切な期間投薬せずに、薬をやめると中毒症状が現れてしまうこともあるので幼虫です